子育てと仕事を両立する方に協力的な企業内託児所

利用料や通勤にかかる負担

最近女性が活躍している企業が増えてきましたよね。
しかし、男女平等が今の日本の常識になりつつある中で、結婚を理由に退職するのは、圧倒的に女性のほうが多いです。
実際に調べてみても、女性が会社を退職する理由で圧倒的に多いのは結婚、妊娠です。
全体の6割を占めています。

しかし、実際に結婚や妊娠で会社を辞めた人の3割の方は「本当は仕事と子育てを両立できるならしたかった」という意見です。
特に子供が産まれると、いつ何時子供が熱をだしてしまった時に、会社を早退できる会社は少ないのが現状です。
早退できたとしても、自分ができなかった仕事の穴埋めをしてもらうと、申し訳ない気持ちになり、どんどん職場に居場所をなくしてしまう事がとても多いのです。
せっかく自分に合っていた仕事でも子供の事を考えたら仕方ないと思ってしまいますよね。

そんな時に企業自体に保育園や託児所があれば本当にありがたいですよね。
最近では企業自体が運営している保育園、託児所があるんです。
現実を言うとまだまだ保育園に行けない待機児童がいっぱいいる中、会社に保育園や託児所があるなんて夢のような話ですよね。
保育園は運営方法が何種類かあって、それによって、金額も中身も多少ですが違いが出てきます。
託児所の場合は大体内容はどこも一緒ですが、圧倒的に金額が安いのです。
託児所をうまく利用するためにも、認可保育園の仕組みと見比べ、どのようなシステムなのか知った上で両者のメリットをうまく生かして、利用できれば良いですね。

おすすめリンク

千葉の業者に聞いた!自分でエアコン取り付けをする場合

自分でやると危険?千葉の業者に聞く安全なエアコン取り付け方法について公開しています

大阪にある貸し会議室の相場は?

貸し会議室を利用したいけれど相場が分からない!大阪を始めに関西全域の相場を公開しています

SEOだけじゃ甘い!MEO対策のススメ

誰もが使うマップを利用したMEO対策を知る!アナタの企業も導入すればアクセスアップ間違い無し

TOPへ戻る